ヨルムンガンド 第1話を観た感想

ヨルムンガンドの第1話を観ました。

ネットでのランキングなどでも
上位で、評価の高い作品のようなので、
どんなアニメなのか気になっていました。

原作を読んだことがなく、
まったくどのような作品なのか知らずに
1話を観たのですが・・・

想像していたのと違いました・・・

上の画像の主人公、
男だと思ったら女でした(笑

ジャンルで言えば、
アニメでこういう言い方は正しいのか微妙ですが、
アクションアニメです。

1話からかなりハードでした!!
残酷なシーンも多いです。

どんなアニメに近いかと言えば、迷わず
「BACKLAGOON」が浮かびました。

このブログにコメントしてくれる
snowmanさんからの情報ですが、

BACKLAGOONの作者がヨルムンガンドの
原作マンガの単行本にエールをおくったとのことです。

作品の内容も、絵もけっこう似ていると思います。

ただ、ブラックラグーンと比べると、
ヨルムンガンドのほうは、
キャラがお茶らけている?というか
ふざけているというのか、

ギャグっぽい部分もあり、
緊張感は和らいでいる印象です。

それが良いか悪いかということはなく、
好みの問題だと思います。

人によっては、緊張感のないキャラによって
残酷さが増して感じるかもしれません。

1話だけでつかみ切れない部分が多いですが、
私はこれはこれで面白い作品だと思いました。

回が進むにつれて、登場人物の
設定やキャラが分かっていく感じだと思いますが、

そういう点はとてもワクワクします。
続きも楽しみです^^

 ヨルムンガンド、1話だけ観た感想ではありますが、
続きも期待できますし、オススメです!!

まだ観ていない方は
とりあえず第1話だけでもご覧になってみてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. snowman より:

    一応,第4話放送分まで鑑賞いたしました。
    レギーさんのおっしゃる内容ですが

    >上の画像の主人公、
    >男だと思ったら女でした(笑

    これは小生も当初男か女かわかりませんでした。(^^;
    本篇のヒロインは物語を引っ張っていくだけの機知やイキオイや
    ユーモアを持っているようで,なかなかキャラが立っている感じです。
    『BLACKLAGOON』のヒロインであるレヴィとは明確に違いを
    感じさせるモノがあります。
    『BLACKLAGOON』とは似ている部分を感じますが,あちらの
    主人公ロックとこちらのユナ少年はいささかオモムキが異なって
    おりますし,このような似ているけどちょっと違うというポイントを
    アレコレ考えていくことが両作品の内容をより深く掘り下げることにも
    つながりそうで,まァそのヘンのことはファンの楽しみですよね。
    ところで単行本第1巻を買って読んでみました。
    アニメは原作マンガに忠実なようです。
    ただし,画はアニメの方がうまいような……..。

    • レギー より:

      >snowmanさん

      どうしてもBLACKLAGOONと
      比べてしまいたくなりますが、
      それはそれで楽しみ、納得です^^

      私はアニメを観るようになってから、
      あまり原作マンガを読まなくなりましたが、
      ヨルムンガンドはマンガでも読んでみようと思っています。

      それにしてもsnowmanさんの
      表現力やボキャブラリーには
      いつも感心させられてしまいます!!

      私の書く記事はあまりに幼稚です^^;

      • snowman より:

        >それにしてもsnowmanさんの
        >表現力やボキャブラリーには
        >いつも感心させられてしまいます!!

        これはまた恐縮であります。
        そんな大したコトなんか書いてないですよォ。(^^;

        >私の書く記事はあまりに幼稚です^^;

        レギーさんはネタバレをしないようにという制約を課して
        おられるので,多少それが束縛となって語り足らずな
        文章になっているのではないかと思います。
        それに比べて小生の場合は,書いてる内容の半分くらいは
        嘘で残り半分ぐらいは作り話の気持ちで面白がっている
        次第でございますデス。(笑)


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

ツインファミコン