ココロコネクト 1,2話を観た感想(ちょいネタバレあり)

ココロコネクトの1と2話を観ました。

いつものように、原作を読んだこともなく、
まったくどういった作品なのか分からない状態で観ました。

1、2話を観た感想なのですが、
なかなか分かりやすいストーリで、
すんなり話に入り込めました。

ここからネタバレを書くのですが、
ココロコネクトは人の人格が入れ替わってしまう、
ということが起こるストーリーであります。

ドラマ(小説)では「パパとムスメの7日間」というのがありますが、
人格が入れ替わるのは1対1ではなく、
5人の男女で複雑に入れ替わり、
戻ったり入れ替わったりするというものです。 
(あくまでも2話まではですが)

1話を観た感じでは、パパとムスメの7日間と同じように、
ドタバタコメディといった感じなのかと思いましたが、

2話を観ると、ドタバタ、コメディだけでなく、
人格が入れ替わることにより、
シリアスな展開にもなりそうな感じです。

ようするに、人格が入れ替わることにより、
相手の知らなかった部分を知り・・・

といった感じで展開していくのかなと?

今回は珍しく、ネタバレありで、
ストーリー、内容の部分を書きましたが、
1 、2話を観た時点で、続きも観たいと思いました。

藤原啓治さん、沢城みゆきさんと、
私の好きな声優さんが出演されています^^

2012年夏アニメは、まだ5作品しか観ていませんが、
今のところ1番のおすすめかもしれません!!

ココロコネクト、まだ観てない方は要チェックです!!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. snowman より:

    レギーさん,こんにちは。
    この番組は家族が録画してくれてたので小生も第1話と第2話を鑑賞することができました。
    のっけから主人公5人組を印象付ける感じのオープニングがありまして,『けいおん!』や『じょしらく』に通ずる5人組みの物語らしいとわかりました。原作はライト・ノベルみたいですね。昨今,雑誌の人気連載マンガからのTVアニメ化というだけでなくライト・ノベルからTVアニメ化される作品も実にイロイロあるようということですが,このライト・ノベルというジャンルは若い世代にすっかり定着したということになりましょうか。若者の活字離れというモノはだいぶムカシから言われてきましたが,意外とそうではないのかもしれないです。第1話と第2話を観た感想ですが,登場人物たちが好感の持てるキャラクターとして描かれていると思いました。アニメ作品によっては好きになれないキャラというものもいたりするのですが,高校生たちを主人公として描くTVアニメの世界には「コイツ,嫌な奴だな」などと思ってしまうようなキャラはあらかじめ排除されているのかもしれません。大林宣彦監督の特撮青春映画『転校生』を思わせる内容ですが,アニメ流に愉快な展開になっているようです。
    確かに今後が楽しみですネ。

    • レギー より:

      >snowmanさん

      確かに、登場人物たちは
      好感の持てるキャラクターですね。

      人格が入れ替わるという要素がある作品は
      ドラマや映画など様々ありますが、
      いろいろな展開にしやすいと思いますし、
      ハズレが少ないジャンルのように思います。

      私は4話まで観ましたが、
      変わらずの評価で、続きも観たいと思っています^^


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

ツインファミコン